So-net無料ブログ作成
検索選択
ヨーロッパ映画 ブログトップ

パンズ・ラビリンス [ヨーロッパ映画]


Pan's Labyrinth

久しぶりの更新です。
今回は、第79回アカデミー賞で注目され、世界中で数々の賞を受賞したスペインメキシコにより制作された傑作を紹介します。

<監督>
監督のギレルモ・デル・トロは、メキシコ出身で、子供の頃から映画好きで、特殊メイクで有名なディック・スミスの元で映画制作の仕事を始めました。そして長い間、特殊メイクという立場で映画業界にいた後「クロノス」(1992)で映画監督として仕事を再スタートしました。
「クロノス」で演出力と特殊造形の使い方に評価を得たデル・トロは、「ミミック」(1997)の監督を依頼されます。「ミミック」の仕事を無事にこなした後、彼は、そうしても映画化したい漫画ヘルボーイ」に着手します。主演は、ロン・パールマンしかいないと確信していたのですが、出資者から理解が得られず、このプロジェクトは頓挫してしまいます。
そこで彼は、自身の企画でスペイン内戦下の少年を描いた「デビルス・バックボーン」(2001)を映画化します。この映画は地味ですが映画業界、スペインで絶賛されました。
「ブレイド2」(2002)を職業監督としてこなし、遂に監督として地位を築いたデル・トロは「ヘルボーイ」(2004)を完成させます。「ヘルボーイ」は、原作ファンから絶大な歓迎を受けヒットします。そしてDVD売り上げはかなりの数字となりました。
こうして、着実に映画監督、そして脚本家として成功してきたデル・トロは、風貌からもアメリカ以外からの成功した監督ということからも第2のピーター・ジャクソンと呼ばれています。
そのギレルモ・デル・トロ監督が、「デビルス・バックボーン」依頼、スペイン内戦を舞台にした映画に挑戦したのが、本作「パンズ・ラビリンス」です。

<スペイン内戦>
スペイン内戦は、日本ではあまり知られていないですが、世界的な悲劇のひとつです。1936年、スペインで起きた内戦でアサーニャ率いる人民戦線政府と、フランコ将軍を中心とした反乱軍が争いました。世界の国々はこの内戦に介入をしないことを表明しましたが、結局各国の思惑に巻き込まれ、結果第2次世界大戦の前哨戦という意味合いとなっていきました。この内戦で恐ろしい経験をしたのは、なんの罪もないスペイン国民でした。国内の死者は20万人近くとなり、約50万人が難民となってフランス国境に押し寄せました。この内線でスペインは壊滅的な打撃を受けたのです。

映画は、このスペイン内戦下1944年と設定されており、舞台は内戦後半のゲリラ線が始まったピレネー山脈あたりだと推測されます。

<ファンタジー映画>
「パンズ・ラビリンス」は、悲惨なスペイン内戦で父親を殺された母カルメンと子オフィリアが主人公です。母は、反乱軍のビダル大尉と再婚し、大尉の赴任する山の中の軍の砦に連れてこられます。そこでは、辛い辛い生活が始まります。
特にオフィリアは、義父からの愛も受けられず、母の容体が悪くなるにつれ孤独になっていきます。そこに、妖精が現れるのです。そして妖精に連れて行かれた迷宮には、パンと呼ばれる牧羊神がおり、オフィリアこそが自分たちの王女様だというのです。オフィリアは自分が真の王女かどうか3つの試練に挑むことになります。

そして、現実の耐え難い日々、そしてパンとのファンタジーの世界の2つのストーリーがダイナミックに始まっていきます。映画は、ファンタジーになりすぎることはなく、ベースは、辛い現実の世界です。そのなかに鮮やかなファンタジーの世界が描かれ、観客は一気に映画に引き込まれていくのです。

ファンタジー映画ということで「ナルニア物語」や「ロード・オブ・ザ・リング」「ダーク・クリスタル」と同じジャンルだと思われがちですが、実際はこれらファンタジー映画とは趣が異なる作品となっています。

<完成後>
映画は、2006年のカンヌ映画祭でプレミア上映されました。映画はスペイン語で制作されたため、英語字幕、フランス語字幕で上映されたにもかかわらず、上映後22分にも及ぶ長い長いスタンディング・オベーションが続きました。この映画を初めて見た観客は心の底から感動したのでしょう。賞賛は、カンヌにとどまらず、世界中に飛び火していきます。
アカデミー賞を含む世界中の映画祭で賞を多数獲得し、各国の映画評は全て好意的、さらに一般の観客が投票する人気投票でも高得点を得ます。Internet Movie Databaseでは、オールタイム・ベスト250で47位でした。

日本では、2007年9月29日に単館上映という形で公開されました。
これほど世界中で絶賛され、ヒットしたにもかかわらず公開規模により日本ではほとんど知られないまま映画公開が終了します。これにはいくつかの問題があります。日本映画業界は、現在邦画の力が強く、洋画がヒットしない状況にあります。そんな中、洋画はメジャースタジオ映画ばかりが公開されるのです。ソニー・ピクチャーズの「スパイダーマン」、ディズニーの「パイレーツ・オブ・カリビアンパラマウント・ピクチャーズの「トランスフォーマー」など、ハリウッドスタジオ作品以外は公開されなくなっています。「パンズ・ラビリンス」はスペインとメキシコの映画です。こういうスタジオ映画以外の名作は、かつては、日本ヘラルド映画や東宝東和など独立系映画配給会社によって日本公開が行われていましたが、こういうスタジオ以外の会社は倒産するか統合されてしまい、日本にほとんど存在していません。
「パンズ・ラビリンス」はCKエンターテイメントという小さな配給会社が、なんとか日本公開しているに過ぎないのです。CKエンターテイメントが、小さいながらも日本で本作を公開したことには賞賛します。しかし、宣伝費もプリント費もないなか、この作品が日本でおおくの人に指示されずひっそりと終わっていくのはとても残念です。

<ギレルモ・デル・トロの作品を購入>
デビルズ・バックボーン スペシャル・エディション

ヘルボーイ


nice!(73)  コメント(42)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画
ヨーロッパ映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。