So-net無料ブログ作成
検索選択

パシフィック・リム [アメリカ映画(10s)]

pacific-rim.jpg
Pacific Rim(2013)

日本人が見ておくべき作品!

映画界の鬼才ギレルモ・デル・トロ。彼は2004年に驚くべき映画「ヘルボーイ」を制作し、第79回アカデミー賞に多数ノミネート受賞した名作「パンズ・ラビリンス」を監督します。そんな独特の演出力に磨きがかかってきた彼に舞い込んできた仕事は、大作のオファーでした。
それは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの続編となる「ホビット」2部作の監督という仕事です。「ロード・オブ・ザ・リング」のファンも映画ファンも納得のいく監督キャスティングです。あの「パンズ・ラビリンス」の世界観を原作に加えることで素晴らしい映画が出来ると誰もが思い、ワーナーも自信を持ってこの大金をつぎ込むプロジェクトにGOサインを出しました。
それから数年、いっこうに進まない「ホビット」プロジェクトは思いもしないニュースと共に方向転換します。「ホビット」2部作は、3部作となり監督は「ロード・ブ・ザ・リング」シリーズの監督であるピーター・ジャクソンが行うという発表です。発表はギレルモ・デル・トロが監督を解任されたことを意味します。結局「ホビット」はプロデューサー職で現場から一歩身を引くはずだったジャクソンを監督に復帰させデル・トロは、プロダクション・コンサルタントという役職に追いやられてしまいました。この裏事情は、「ホビット」の回で詳しく記します。

彼はクリエイター魂が強くセンシティブな演出家です。彼が悪いわけでもないのにハリウッドの政治に飲み込まれ翻弄される時期が続きます。いきなり10年規模の大プロジェクトから外された形になったギレルモ・デル・トロは、全く違う作品のプロジェクトに関わります。しかし新しいプロジェクトも様々な理由でストップしてしまいました。彼ほどの才能があっても、クリエ一ティブとは異なる映画ビジネスという泥臭い駆け引きにうまく立ち向かわないと辛い人生が続くのでした。

失意の彼にやっと新しいチャンスが訪れます。それはまるで日本のアニメを実写化したような企画「パシフィック・リム」でした。日本のアニメが好きで多大な影響を受けていたデル・トロは、この企画に賭けることにします。それは途方もない世界観、そして新しいビジュアルを構築しないと成功しない危険な賭でもありました。一歩間違えば、正に漫画のようになってしまいチープでつまらない映画になる可能性があります。この作品を成功に導くために必要なのは、デル・トロの演出力とクリエイティビティでした。

原案を思いついたトラビス・ビーチャムがプロデューサーのトーマス・タルに企画を売り込み、デル・トロが加わり企画は一気に動き出します。デル・トロは独創的なアイデアを次々に脚本に織り込み、ビーチャムが持っていなかった要素を付け加えていきました。そして今までに見たことにない新しい脚本とコンセプトが完成します。

デルトロは、ILMの協力の下、怪獣(映画の中でもKAIJUと呼ばれています)や怪獣と戦うロボット、イェーガーなどをデザインし、緻密な設定を作り上げていきました。

非常に魅力的な世界観ですが、配給を担当するワーナーブラザースは、デル・トロのアイデアを尊重し、最後まで支持しました。ハリウッドのエクゼクティブならKAIJUは止めてモンスターと呼べ!くらい進言するものですが、デル・トロはエクゼクティブに信頼されていたようで無用な戦いは起こりませんでした。

そして完成したのが大作「パシフィック・リム」です。
映画には菊池凜子が重要なキャラクターで登場します。そして怪獣がやってくるのは「デビルマン」や「エヴァンゲリオン」に明らかに影響を受けていることがわかります。イェーガーの操縦は「ライディーン」「バロム・ワン」「エヴァンゲリオン」のように神秘的です。ストーリーやキャラクター設定だけでなく映画のテーマなどにも日本映画やアニメの影響が強く感じられるのです。
ただし、この「パシフィック・リム」は日本映画やアニメのパクリではないのです。デル・トロ監督の独創的な世界観や演出により確実に日本オリジナルの作品を上回っているのです。大金をつぎ込んでるからこのような作品ができるというわけではありません。日本から影響を受けながらデル・トロは、本来日本人クリエイターが目指すべき未来を具現化してしまったのです。

これを悔しいとみるか素晴らしいと見るかは視聴者の心の問題です。私はとても感銘し、生きているうちにこの作品に出会えたことに喜んでいます。そして、日本人であることに誇りを感じました。

日本公開は8月です。できれば映画の前章となる「Year Zero」という漫画が発売されているのでそれを読んでから見るとさらに楽しめると思います。本作は3D版、IMAX版があります。是非IMAX 3Dでご覧下さい。

<ギレルモ・デル・トロ監督作品>
パンズ・ラビリンス [Blu-ray]

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー [Blu-ray]

ヘルボーイ [Blu-ray]


<パシフィック・リム関連商品>
パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

Pacific Rim: Tales From Year Zero (イヤー・ゼロ)

パシフィック・リム ビジュアルガイド

パシフィック・リム/ 7インチ アクションフィギュア シリーズ1: 3種セット

Pacific Rim: Man, Machines & Monsters: The Inner Workings of An Epic Film
nice!(27)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 27

コメント 5

coco030705

こんばんは。
私は「パンズ・ラビリンス」を見て以来、ギレルモ・デル・トロ監督のファンです。この作品もおもしろそうですね。映画雑誌でちらっと見ました。ぜひ行きたいと思っています。
by coco030705 (2013-07-04 22:26) 

DSilberling

cocoさん、ご無沙汰しております。
個人的にはかなり満足度の高い映画でした。
是非劇場に足を運んでみてください。
by DSilberling (2013-07-04 23:00) 

TaekoLovesParis

私もcocoさんのおすすめで、バンズラビリンスを見ました。印象に残る映画でした。8月公開ですか。見て、日本映画やアニメの影響を考えてみたいです。
by TaekoLovesParis (2013-07-04 23:37) 

non_0101

こんにちは。
この作品、菊池凜子さんや芦田愛菜ちゃんが出演しているくらいしか知りませんでした。
映像が凄そうですね~
また夏に楽しみな作品が増えました。
出来たら、初IMAXでチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2013-07-07 22:11) 

コザック

こんばんは
こんな裏事情があったなんて。
知ってますます感銘です。
どうりで、日本人の遺伝子に響く設定やら懐かしいけど斬新で最新で迫力があった。そして日本人の好みである刹那的な雰囲気が流れていたのもうなずけちゃいます。
今年一番の作品だと思ってます(^^)/
日本でこそヒットしてほしいし賛美をあびてほしい作品ですね(^^)v
by コザック (2013-08-13 01:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。