So-net無料ブログ作成
検索選択

トイ・ストーリー3 [アニメ]

toystory3.49351.b.jpg
Toy Story 3

既にご存じの大ヒット映画「トイ・ストーリー」の3作目を紹介します。パート3制作までには、皆さんの知らないところでいろんな事件が起こっていました。

トイ・ストーリー」の製作会社であるピクサーが「スターウォーズ」のジョージ・ルーカスによって設立され、その後アップルのスティーブ・ジョブスが買収、アニメ映画が製作されるまでの顛末は、以前お伝えしました。(詳しくはこちら
ピクサー社は、実はとんでもない苦労をし、様々な事件に巻き込まれながら成功を手にしていました。

ピクサーによる長編アニメ第一作である「トイ・ストーリー」が劇場公開される際、配給会社であるディズニーは、ピクサーが作り上げたキャラクターの権利は全てディズニー社に属するという契約を結びました。さらにディズニーは、続編を作る権利も所有する契約もしていました。
当時のピクサーは、まだ誰にも知られていない小さな小さなアニメ制作会社でした。さらに"コンピューターで作るアニメ"という未知の分野で長編アニメを制作するというリスクもあり、配給契約はディズニー社に有利なものになったのです。当時はピクサー社長であるスティーブ・ジョブスは映画に興味がなく、ディズニーとの契約にそれほど関心を払わなかったようです。

「トイ・ストーリー」は、ディズニーによって世界配給され、世界的な大ヒットとなりました。そしてその後は、沢山のアニメ会社がCGアニメを制作し、現在ではアメリカにあるアニメ会社のほぼ100%がCGアニメ専門になってしまいました。残念なのは、「白雪姫」で初めて長編アニメを制作したディズニー・アニメーション・スタジオまでもが手書きアニメのスタッフを解雇し、CGアニメ専門の制作会社になってしまったことです。

当時のディズニーの社長マイケル・アイズナーは、「ピーターバン2」のように、ディズニーの過去名作の続編を劇場で公開するのではなくDVDで発売する戦略をとっていました。知名度のある有名作品の続編を安く作り、ビデオ市場で簡単に儲けようという作戦です。
アイズナーは当然「トイ・ストーリー」の続編の制作を強く望みました。「トイ・ストーリー2」もDVDでのみ発売される制作費の安い100分のアニメ作品でした。
アイズナーの戦略は販売面では貢献したものの、できの悪い作品群を生み出してしまいました。ウォルト・ディズニーが作ったクオリティの高いアニメ作品の続編が粗製濫造され、世界中のディズニーファンががっかりしたのです。「トイ・ストーリー2」もこれと同じような運命になるはずでした。

しかし、「トイ・ストーリー2」の制作過程を見たピクサーの上層部は、素晴らしい出来になることを確信して、この続編を劇場用の長編にしようと試みました。きちんと制作費をかけてクオリティの高い作品を作ろうとしたのです。
当初、ディズニーとピクサーとの契約は劇場用アニメ3作品でした。「トイ・ストーリー2」は続編という扱いでスタートしたので、契約の3作には含まれていなかったのです。続編を作る権利はディズニー社にありました。なので、2だろうが3だろうがディズニーが勝手に作って良いという契約だったのです。しかし「トイ・ストーリー2」が劇場で公開されることになると、ちょっとややこしくなってきます。この「トイ・ストーリー2」は、続編という扱いなのか、それとも劇場用アニメという扱いなのか、人によってとらえ方が変わってくるのです。
ディズニー社は当然「トイ・ストーリー2」は続編だと主張します。ピクサー社は「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」を製作したので、契約上は3本目の「モンスターズ・インク」まではディズニーが独占して配給権を持つと考えました。
ピクサー社は「トイ・ストーリー2」は劇場用映画なので「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」「「トイ・ストーリー2」までが契約で、「バグズ・ライフ」以降はディズニーとの契約にとらわれないと主張したのです。

toystory3.49353.b.jpgここからは泥沼の戦いと化していきます。アイズナーは、それならば「トイ・ストーリー3」はサークル7・アニメーション社という全く関係ない会社に制作発注してディズニーが勝手に作ると表明しました。契約には続編はディズニーが好きなように作れるという項目が含まれています。なので、ピクサーはどうしようもありませんでした。さらにバズの声優を担当したティム・アレンはサークル7版「トイ・ストーリー3」の出演にOKを出してしまいます。これによりサークル7は、新たな脚本を仕上げました。その内容はファンにはがっかりするものです。
おもちゃ会社に作られたバズは沢山あるはずです。台湾で作られたバズは、世界中で自分と同じバズが作られていることを知ります。さらにリコールされていることがわかり回収されるのです。

このようにアイズナー率いるディズニー社は、ファンの期待を裏切り、クリエイターの気持ちを踏みにじりながら突き進んでいました。しかし、この泥仕合はあまり知られることなく水面下で行われていたこと、そして出来の悪いアニメでもそれなりに儲かってしまったという問題があり、アイズナーはディズニー社でますます力を付けていったのです。ディズニー社の株主達も儲かれば良いという立場を取り、アイズナーを支持しました。
ウォルト・ディズニーの孫であるロイ・E・ディズニーは、ディズニー社で役員として頑張っていました。彼が唯一の"ディズニー"の血を持っている人物でした。ロイは、アイズナーの金儲け主義に抵抗します。祖父であるウォルトが考えた良質のアニメ製作や子供達に夢を与えることの重要性を社内で叫び続けました。しかし、残念なことにロイの主張は退けられてしまいます。アイズナーも株主もロイの主張などどうでもいいことなのです。金さえあればいい、株価が上がればいい、と。
ロイは結局ディズニー社を辞めてしまいました。これによりウォルト・ディズニーの志はディズニー社からなくなってしまいました。もはやディズニーはディズニーでない。こういうコメントがマスコミに取り上げられましたが、時既に遅し。おおくのディズニーファンが失望したのです。

そんなタイミングで、面白いことが起きました。アイズナーが旗を振っていたディズニー名作の続編の売り上げが伸びず、その他の事業も不採算として失敗してきたのです。そして、ピクサーは相変わらずディズニーと揉め続けていたのです。ディズニーの株主達は一斉にアイズナーを非難します。そしてアイズナーは窮地に立たされてしまうのです。

toystory3.50298.b.jpg2006年1月24日、電撃的な発表がなされました。ディズニー社はピクサー社の全ての株を購入し完全子会社化するというのです。私は驚き、困ったことになったなあと不安を感じました。ピクサーは戦いに敗れアイズナーに屈し、今後はつまらないアニメ会社に成り下がってしまうことをニュースは意味していました。きっとピクサーのクリエイター達は社を離れ、別の会社に移ることになります。そうなるとせっかくジョン・ラセターが何十年もかけて作り上げた素晴らしいピクサー社は事実上解体されることになるのです。
しかし、日本で報道されていない詳細をネットで調べていくと、ワクワクする内容を発見しました。確かにピクサーはディズニー社に買収されてしまいました。しかし新しい組織図を見るとロイ・ディズニーがトップに復帰、アイズナーは社を去り、アニメ統括役員としてピクサーを作ったジョン・ラセター、ビジネス部門の役員としてピクサー社長だったスティーブ・ジョブスが名を連ねていたのです。
契約上、経理上はピクサーは買収された形になりますが、人的に見るとピクサーがディズニーを吸収したともみえるのでした。

こうして新生ディズニー社は、ウォルト・ディズニーの血を引くロイを中心に、クリエイティブ・マインドを持つピクサーのメンバーが引き継ぐことになりました。これによりディズニーとピクサーの契約問題は解消され、アイズナーが続けていた金だけ儲かれば良いという経営スタイルも見直されることになりました。当然サークル7による「トイ・ストーリー3」の制作は白紙に戻され、ピクサー・チームによる正当な続編として企画が再始動されたのです。

こうして様々な出来事を得て「トイ・ストーリー3」が動き出しました。監督だったジョン・ラセターはディズニー社の要職に就いたので、監督はできません。勿論企画会議やストーリーの構築時には関わりますが、制作はピクサーの若手スタッフに引き継がれました。ピクサーのスタッフ達はラセターのアニメ作りを何年も支えてきた強者です。3も「トイ・ストーリー」「トイ・ストーリー2」の設定を引き継ぎファンが満足できる話になりました。声優も今までのシリーズのメンバーが再結集しています。

「トイ・ストーリー3」の宣伝はとても巧みに行われました。3をイメージした複数のポスターを制作し町中のビルボードを使いました。これはかなり長期間に及ぶプロモーションです。公開が近づくとAppleのiPhone4の発売に合わせ、タイアップが行われました。これはディズニーの役員でありAppleのCEOであるスティーブ・ジョブスが動いています。

「トイ・ストーリー3」は、アメリカで公開され大ヒット作品になりました。そして日本でも2010年夏で一番のヒットになるそうです。世界的にも大ヒットしており、満足度も非常に高いそうです。

ディズニー社を株主やアイズナーから取り戻し、ディズニーファンが望んでいる"夢の国"を復活させたロイ・E・ディズニーは、2009年12月に他界しました。きっと天国から「トイ・ストーリー3」の大ヒットを心から喜んでいるに違いありません。

<過去の関連記事>
トイ・ストーリー

ピクサー
ピクサー2
ピクサー3

<トイ・ストーリーを購入>

トイ・ストーリー ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]


トイ・ストーリー2 ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]


トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]


トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]

nice!(80)  コメント(23)  トラックバック(2) 

nice! 80

コメント 23

SASUKE

昨日トイ・ストーリー3を観に行ったピクサー好きです。
知らなかった話もたくさん書かれていて非常に楽しく読ませていただきました。

しかし、本文にひとつとても大事なところが抜けてます!
ディズニーの手描き制作部門は、実質ピクサー(ジョン・ラセター)が
ディズニーの制作部門を管掌するようになってから、
アイズナーによって解雇された手描きスタッフの呼び戻しが行われ、
今年ついに久々の手描きディズニー作品を公開しています。

ぜひとも、この件も本文でフォローしていただければと思います。
アイズナーが社長をおろされて本当によかった!!
そうでなかったら今頃どうなってたかと思うと、ゾッとします。
by SASUKE (2010-07-17 02:29) 

tomoart

それぞれの話は断片的に見聞きしていましたが、まとめていただいたものを通しで読ませてもらうと、本当にピクサー映画も真っ青のw感動的な復活劇だった事が分かりますねw

世の中すべからく正しきものが勝ってくれたら、こんなに嬉しい事はありませんよね。まぁなかなかそうならないから、ワタシたち観客は映画に夢を見るわけですが・・・。
by tomoart (2010-07-17 03:44) 

DSilberling

SASUKEさん、こんにちは。
そうですね。確かに手書きチームが戻ってきていますね。
後で修正しておきます。アドバイスありがとうございました。
by DSilberling (2010-07-17 11:41) 

DSilberling

tomoartさん、こんにちは。
「ターミネーター」シリーズのようにオリジナルスタッフの手を離れた続編の悲しさはよくあります。そんな中ピクサーは、本当にラッキーでした。スティーブ・ジョブスもうまく立ち回ったと思います。
by DSilberling (2010-07-17 11:43) 

coco030705

こんにちは。
このストーリーがそのまま映画にできそうなくらい、ドラマチックですね。
「トイストーリー3」は映像も美しいし、ストーリーもよさそうなので観にいきたいと思っています。


by coco030705 (2010-07-18 17:49) 

びっけ

水面下・・・というか私の知らないところで、こんなドラマが展開されていたのですね!
読み応えのある記事でした。
『トイストーリー3』、劇場に観にいこうかな。
by びっけ (2010-07-18 19:21) 

Naka

こんばんは。
とても興味深い記事でした!
「トイストーリー3」は、
様々な危機を乗り越えて制作された映画なのですね。
観たくなりました。
by Naka (2010-07-18 23:27) 

ジジョ

アイズナーの頃のディズニーは、
本当にがっかりする事が多かったので^^;
やっと本来の姿に戻りつつあるのがうれしいです☆
「トイストーリ−3」も素晴しかったです〜。
by ジジョ (2010-07-19 04:24) 

DSilberling

cocoさん、こんにちは。
是非IMAX版を見てください。
by DSilberling (2010-07-19 11:45) 

DSilberling

びっけさん、こんにちは。
このように努力している人々が報われるためにも是非劇場で!
by DSilberling (2010-07-19 11:46) 

DSilberling

Nakaさん、こんにちは。
3D版、2D版、どちらでも感動できますよ。
by DSilberling (2010-07-19 11:47) 

DSilberling

ジジョさん、こんにちは。
ウォルト・ディズニーの魂が戻ってきて嬉しいですね。
今後はディズニーランドもよくなるそうですよ。
by DSilberling (2010-07-19 11:48) 

kuwachan

素敵なお話ありがとうございました。
きっとロイ・E・ディズニーも草葉の陰から喜んでいることでしょう。
ディズニー映画をわくわくしながら見た子供の頃を思い出しました^^
by kuwachan (2010-07-19 17:58) 

non_0101

こんにちは。
素晴らしい作品の裏にこんな出来事があったのですね。
でも、新生ディズニー社が本当にみんなから愛される作品を創れるような
会社になってくれて良かったです。
「トイ・ストーリー3」最高でした☆
by non_0101 (2010-07-20 12:55) 

lamer

「イメージ」へご訪問いただきnice!有難うございます。
by lamer (2010-07-20 22:26) 

Henry

楽しく拝見させていただきました。
うちの子もトイストーリーの大ファンなので、
共感しました。
こんな裏話があるとは知りませんでした。
金儲け主義はいつか崩壊します、
どこかの自動車メーカーのようですね。

by Henry (2010-07-21 01:03) 

DSilberling

kuwachanさん、こんにちは。
ディズニーは、ピクサーによって救われました。
本当に良かったですね。
by DSilberling (2010-07-21 10:27) 

DSilberling

nonさん、こんにちは。
殆どの会社は、金儲け主義の経営者が勝つので、ディズニーはある意味奇跡のような復活劇を遂げたのですね。
日本の映像会社はほぼ壊滅的です・・・。
by DSilberling (2010-07-21 10:29) 

DSilberling

Henryさん、こんにちは。
景気が悪くなると、どの企業も金儲け主義者が台頭し、クリエイティブ・チームは脇に押しやられていますね。
日本の企業もほぼ、この状況です。
映画やテレビを見ると、安易な企画が増え、オリジナル企画や攻めた企画が一気に減ります。これは困ったことですね。
by DSilberling (2010-07-21 10:32) 

masugi

こんにちは。面白いですねえ…あまり映画に興味が
無かったのですが、内容に引き込まれてしまいました。
by masugi (2010-07-22 20:46) 

goro2001

ピクサーはトイ・ストーリーがでた後の頃からあまり興味がなくなりましたが、もしかするとディスニーの影響だったのかもしれません。
by goro2001 (2010-07-24 13:29) 

月姫

これ、本当に面白いそうですね。
甥っ子が今日の午後、3D上映に行きます。
あとで、感想聞かせてもらおう!
by 月姫 (2010-08-08 08:10) 

tomoart

あけましておめでとうございます。最近更新がありませんがお忙しいのでしょうか?お体悪くされたりしていないといいのですが・・・・。今年がDSilberingさんにとって良い一年でありますように。
by tomoart (2011-01-01 02:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。